FC2ブログ

#grannyblanket_yukari BLOG

Home > 刺し子

2018.08.23 Thu 刺し子についてのご質問メールをくださったT様へ

先ほど、T様よりblogメールフォームよりメールでご質問をお受けしましたが、メールフォームもしくはプロバイダーの不具合?があったためか(詳細不明)、メールでの返信ができないようです。
こちらでお答えさせてくださいませ。


T様、いつもご覧くださり、ありがとうございます!
メールは拝読できましたが、このような返信となってしまい、申し訳ありません。

「糸が足りなくなった場合、どのような繋ぎ方をされてますか?」

刺し子の本にも解説されているような、ごく一般的な継ぎ方だと思われます。
裏面のみをすくうようにして、継ぐ前の糸と新しい糸を数目(紋様によって変えています)重ねます。
表面に響かないように気をつけています。
糸をできるだけ無駄にしたくないので、残り2〜3cmくらいになるギリギリまで刺して、新しい糸も同じくらい裏面に出して刺し始めます。

仕立ても、刺し子も、糸端同士を結んだり、玉止め・玉結びはしていません。
ボコボコした手触りにならないようにしたいという考えからです。

全面刺し終えたら、一度手洗いし、乾かしたのちに糸端を2〜3mm残してハサミで切ります。
刺して、洗って乾かすことで、晒しがわずかに縮むので、晒しと糸が馴染むのか、このあと糸が抜けてしまうような経験は、今のところありません。

やり方も考え方も様々あると思いますので、ご自身のやりやすさや優先したいことを大切にやっていくのがいいのでしょうね(^ ^*)
ご質問にお答えできたでしょうか。。。


今後も制作、投稿、ともに励みますので、どうぞよろしくお願い致します。